「交通事故に関して」の記事一覧

ETCのバーが開かなかった時の対処法

    

スポンサーリンク 私は恥ずかしながら、いまだに自車にETCを搭載していませんので、ECTによる事故に遭遇したことがありませんが、高速道路を頻繁に使うドライバーの方でしたら1度や2度、バーが開かなかった・・・

ETCのバーが開かなかった時の過失相殺

    

料金所と違って、ノンストップで料金所を通過できることが売りのETCですが、カードの指し忘れや有効期限切れなど運転者の過失や、配線の影響でバーが作動しなかった場合、ETCシステムの故障による場合など色々・・・

マンホールによるスリップ事故に気を付けよう

    

雨の日にマンホールの上を自転車で走行するとスリップすることがありますよね?私も子供の時によくスリップして転倒したこともあります。 マンホールの蓋は標準的なサイズで直径が60cmでマンホールを持った経験・・・

トンネル内では意識がもうろうとすることがある

    

皆さん、トンネル内を走行中に意識がもうろうとすることはありませんか?少なくても私は何回かあります。 その大きな理由は「トンネル内は景色が一定だからです」 高速道路でも、景色が一定で運転も単調なので、眠・・・

居眠り運転は無くならないのか?居眠り運転対処法

    

自動車を運転したことがある人なら誰しも経験があるであろう「居眠り運転」 居眠り運転は重大な事故に繋がりかねないので、絶対にしてはいけいと思いつつも、仕事の帰りなので疲れていると、ついついウトウトしてし・・・

居眠り運転で左傾く理由は道路に勾配があるから

    

自動車を運転していると、みなさん一度は眠気に襲われて、完全に眠らないにしても意識レベルが低下してしまうことがあります。 早速本題に入りますが、意識レベルが低下している状態で運転していると、いつの間にか・・・

ひき逃げで人と認識していなければ罪は軽くなるのか?

    

「ひき逃げ事故で人とは思わなかったは本当か?」でも解説しましたが、ひき逃げ事故を起こした加害者の大半が、「人を跳ねたとは思わなかった」と証言します。確かに一部の加害者は、本当に人と認識せずに動物やゴミ・・・

ひき逃げ事故で人とは思わなかったは本当か?

    

ひき逃げ事故の加害者が、「人とは思わなかった・・」とよく証言しますが、常識的に考えて本当に気付いていなかったのか?と疑問に思うことが多々ありますが、実際の所、本当に気付いていなかったのか? まー、私自・・・

過失割合の基準の決め方

    

過失相殺の割合は、事故の加害者には支払い額、被害者には受け取り額が大きく変わってくるので、過失相殺の割合は非常に重要になってきます。 例えば、損害賠償額が1,000万円で過失相殺の割合が8(加害者):・・・

示談書は公正証書にしておいた方が良い

    

交通事故で当事者同士で示談が成立した際は、その後のトラブルを避けるためにも、「示談書」しておいた方が良いです。(示談書を作成する際の注意点) 示談書を書く際は、いつまでに支払いを支払いを完了させるか、・・・

サブコンテンツ