示談交渉

示談交渉

示談書は公正証書にしておいた方が良い

交通事故で当事者同士で示談が成立した際は、その後のトラブルを避けるためにも、「示談書」しておいた方が良いです。(示談書を作成する際の注意点) 示談書を書く際は、いつまでに支払いを支払いを完了させるか、期日までに支払いが出来ない場合は違...
示談交渉

示談成立前に賠償金を受け取る方法

交通事故に遭うと、まず実況見分が行われ、お互いにどれだけの過失(過失相殺)があるのかを両者で話し合って、その後に具体的な賠償額を算出することになります。 と言うことは、原則として示談が成立しなければ賠償金を受け取ることができません。被...
示談交渉

示談交渉がなかなか進まない場合の対処法

交通事故を起こした後に、損害賠償請求は3年、自賠責保険の保険金請求権は2年で時効になりますので、一部例外はありますが、基本的に時効を迎えると保険金の請求ができなくなります。 詳しくは、示談交渉は先延ばしにしないを参照して下さい。 ...
示談交渉

示談交渉は先延ばしにしない(損害賠償請求権の時効)

交通事故が起きた場合に、損害賠償を請求するために示談交渉を行うことになりますが、示談交渉があまりに長引いてしまうと、時効により損害賠償の請求が出来なくなる場合があります。 損害賠償の時効は3年 損害賠償の時効は、民法724条(不法行為に...
示談交渉

示談書を作成する際の注意点 (権利放棄条項)

交通事故が起きた場合に、当事者同士で示談交渉をしますが、その際に活躍するのが「示談書」になります。 口約束でも示談は成立しますが(示談は口約束でも成立するを参照)、言った言わないの問題が必ず発生しますので、示談内容の証拠を残すためにも...
示談交渉

示談は口約束でも成立する

交通事故が発生した場合は、当事者同士で示談交渉を行う訳ですが、一般的に示談書を取り交わして示談を成立させるのが一般的にです。 しかし、民法上の法律で契約とは、「当事者間の合意があって、当事者間に法律関係を生じさせるもの」を言い、お互い...
示談交渉

成立した示談内容を変更・取り消しすることは原則出来ない

交通事故が発生すると、軽微な事故を除いて、必ず損害賠償の問題が発生しますので、被害者(加害者)と示談交渉を行うことになります。 示談とは、双方の争いごとを民法上の和解契約にあたり、法律で解決すること加害者が被害者に対して示談金を支払う...
示談交渉

交通事故の現場で示談交渉は出来るだけしない

事故を起こしてしまった場合、気が動転してしまって頭がパニックになり、その様な状況下で冷静な判断は到底できません。 示談というのは、被害者と加害者とで話し合い「解決」することです。解決することなので、後で「やっぱりこの部分はあなたが悪い...
タイトルとURLをコピーしました