損害賠償

損害賠償

運転代行者が事故った場合の損害賠償

数年前から飲酒運転の罰則が厳しくなり、運転代行を利用する人が急増しています。ただ、それに伴って運転代行によるトラブルも増えています。 「運転代行者=運転のプロ」と思われている人も多いかと思うかもしれません。確かに運転代行業を行うには「...
損害賠償

交通事故における控訴は最終手段

交通事故で相手と損害賠償に関して争う場合、まずは当事者同士の話し合い(示談)により、解決を目指すことになります。しかしながら、お金が関わる問題になりますので、当事者同士での解決は難しい場合も当然出てくることもあります。そういった場合は、調停...
損害賠償

調停の申し立てはどのように行うの?

調停の申し立ては、裁判所にて行いますが、控訴に比べるとかなり簡単です。 まずは、相手方の住所を管轄する「簡易裁判所」で申し立てを行います。(当事者が拒否をすれば他の地方裁判所や簡易裁判所でも可能) 調停に必要な「調停申立書」には...
損害賠償

調停で損害賠償請求を行う

交通事故で加害者(被害者)と損害賠償に関しての示談交渉を行って、双方にも譲れない条件がある場合、意見が対立してしまいますのでどうしても上手く示談に持ち込めない場合がどうしても出てきます。その場合は、「調停」か「控訴」いずれかの方法で、解決を...
損害賠償

損害賠償の種類 (積極損害・休業損害・慰謝料)

損賠賠償には大きく分けて「積極損害」「休業損害」「慰謝料」の3つに分けることができ、それぞれで損害賠償を請求することができます。それでは一つひとつ概要を解説していきます。 積極損害 積極損害とは、もしその事故が無ければ支払う必要が無かっ...
損害賠償

専業主婦や無職者に逸失利益は認められるのか?

逸失利益とは、交通事故の死亡者に対して、今後得られるであろう収入のことです。逸失利益に関して、詳しくは「逸失利益とは?」をご覧ください。 そう考えると、死亡時に仕事をしていなくて収入の無い専業主婦や無職の人には、逸失利益が適用されない...
損害賠償

サラリーマン(会社員)の逸失利益の考え方

逸失利益の考え方は、基本的には被害者の死亡時の収入を基に算出されます。そう考えると、サラリーマンの逸失利益は他の職業に比べて収入が一定なので、考えやすいと言えるでしょう。では、考えていきましょう。 逸失利益は収入を基に考えますので、ま...
損害賠償

死亡時の逸失利益の計算方法

交通事故で被害者を死亡させてしまった場合は、遺族への慰謝料やそれまでにかかった治療費の他に「逸失利益」を支払わなければいけません。ちなみに逸失利益とは、事故が無ければ得られたであろう収入(利益)のことです。 逸失利益には計算式があり、...
損害賠償

交通事故の損害賠償をする際に必要な書類

交通事故の被害者は、加害者に過失がある場合は、治療費にかかった費用などを損害賠償請求することになります。 かといって、事故に遭ってすぐに損害賠償できる訳ではありません。何故なら、治療にどれぐらいの費用がかかるのか、実際に治療が終わらな...
損害賠償

交通事故証明書の取得方法

交通事故を起こした場合、「措置業務」により、速やかに警察に通報をして、事故後の処置をしてもらわなければいけません。その際に、警察の実況見分が行われ、加害者と被害者は警察に対して、事故の状況(事故が発生した場所・警察が来るまでにした処置・けが...
タイトルとURLをコピーしました