飲酒運転による罰則 【2014年度現在】

スポンサーリンク

2006年に発生した「福岡海の中道大橋飲酒運転事故」をキッカケに、飲酒運転による罰則は年々厳しくなっています。この様に、罰則の強化や世論の厳しさにより、飲酒運転による交通事故は年々減少傾向にあります。

と言っても、劇的に減少している訳でもなく、どれだけ罰則を強化しても飲酒運転による事故が無くなることは無いでしょう。

飲酒運転による死亡事故率は、飲酒していない死亡事故率の9.6倍で、酒酔い運転に関しては25.9倍にも膨れ上がると言われています。(2012年度の交通事故発生状況「警視庁交通局資料」)

このデータを見ても、飲酒運転による交通事故が死亡事故に繋がりやすいことが分かります。

交通事故を起こさなくても、飲酒運転は道路交通法により厳しく罰せされます。飲酒運転をしてはいけないのは勿論ですが、飲酒運転をしている車に同乗している人や、運転することを分かっているのに、お酒を勧めた人も罰則を受けることになります。

ですので、「飲酒運転は絶対にしない・させない」という意識を持つことが大事です。飲酒運転をしようとしている仲間がいれば必ず止めましょう。でないと、あなたにも罰則が及ぶ可能性があります。

前置きが長くなりましたが、飲酒運転による罰則を見ていきましょう。

飲酒運転による行政上の罰則(2014年5月末現在)

運転者

罰則
酒酔い運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒気帯び運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
違反点数
酒酔い運転 35点
酒気帯び運転(0.25mg未満) 25点
酒気帯び運転(0.25mg以上) 13点

車両提供者

罰則
運転者が酒酔い運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
運転者が酒気帯び運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

酒類の提供・車両の同乗者

罰則
運転者が酒酔い運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
運転者が酒気帯び運転 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

危険運転致死傷罪

飲酒運転により人を負傷させた場合

15年以下の懲役

飲酒運転により人を死亡させた場合

1年以上20年以下の有期懲役

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年6月4日