運転中にスマホのメールをチェックしただけで違反になる?

スポンサーリンク

スマートフォンに限らずガラケーなど携帯電話で話しながら車を運転すると違反になるのは、運転免許を持っている人でなくても理解していると思います。

私が幼少期の時は携帯電話がまだ普及されていなかったこともあり、運転中に携帯電話をいじくり倒そうが、通話しまくっても罰則はありませんでした。

1999年の11月から、運転中の携帯電話の使用に関しての罰則が出来ました。

と言っても、罰則が出来た当時も、まだ携帯電話が一般家庭に普及していなかったこともあり、2000年~2003年までは100件程度取り締まり件数は非常に少なかったらしいです。

しかし、携帯電話の加入者数は年々増加していき、2004年度には8,000万件を突破し、それに伴い携帯電話が原因での交通事故も比例して上がっていき社会問題にもなりました。

そういった背景もあり、2004年の11月からこれまで「危険を生じさせた者」と限定していた違反を、「無線通話装置(携帯電話など)を通話の為に利用し・・・・・画像を注視」しただけで違反者扱いできるように道路交通法が改定されました。(道路交通法120条第1項第11号)

運転中に通話したらダメなの??

道路交通法の条文には、「通話の為に利用し・・・」と記載されているので、運転中に携帯電話で話すことは違反になります。

しかし、これはあくまで携帯電話を手に取って話してはダメと言うことになるんで、ハンズフリーであったり、カー用品店などで売っているイヤホンマイクを購入してイヤホン越しに通話をすれば違反にはなりません。

(今さら言うことでもありませんが・・・)

画像を注視??

手に取って通話をすると違反になることは分かりましたが、道路交通法の条文には「画像を注視してはいけない」と記載されています。

では画像を注視とはどういう意味なんでしょう??

注視とは「注意してよく見ること」と定義されています。

もっと理解できなくなりましたが、道路交通法の観点から言うと「2秒以上見ること」と定義付けることができます。

2秒ってどれぐらいなんでしょう?

ハッキリ言ってスマホの画面をみてロックを解除すれば2秒経過します。

なので、ロックを解除した時点で違反になるので、メールを観覧するなどもってのほかです。

勿論、スマホでアプリを楽しんだり、ヤフーのニュースチェックをしたり、天気予報を確認することも違反になります。

長くなりましたが、「運転中にスマホのメールをチェックしただけで違反になる?」と言う問いには「違反になる!!!」と結論付けることができます。

と言うか、違反以前に運転中は運転に集中しましょう。事故を起こしてからだと遅いですよ!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年12月25日