人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いについて

スポンサーリンク

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いを理解せずに何となく契約しているドライバーも多いと思います。私もその中の一人でしたが、実際に事故を起こしてから「あれっ?このパターンだと保険は下りないの?知らなかったよ・・・」と思わない為にも、これを機会に人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いについてキチンと理解しておきましょう。

人身傷害保険とは?

人身傷害保険とは、交通事故によって自分の車(契約者)に乗っている人がケガや死亡してしまった場合に支払われる保険のことです。

過失の割合に関わらず補償させるのが大きな特徴です。

例えば、前方不注意による追突や信号無視などの交通違反を起こしての事故の場合は、通常ドライバー本人に100%の過失があるので、当然相手側の自賠責保険や任意保険から保険が下りることがありませんので、自分や同乗者のケガの治療費などは、結局全て自腹で支払わなければいけません。

勿論、対人賠償保険や自賠責保険は相手に対して補償する保険になるので、自分に対しては一切支払われません。

しかし、人身傷害保険をかけていれば、過失の割合に関わらず補償してくれるので、仮に自分に100%の過失がある場合でも、実際にかかった治療費ななどの損害額を補償してもらえます。

まー、簡単に言えば、対人賠償保険が相手側を補償するのに対して、人身傷害保険は自分や同乗者を補償する為に支払われる保険と覚えておくと分かりやすいかもしれませんね。

搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険とは、契約した自動車に搭乗している人がケガや死亡してしまった場合に、あらかじめ定められた保険料が支払われる損害保険になります。

保険会社により補償内容が異なりますが、概ね入院1日〇万円、死亡した場合に〇〇〇〇万円、後遺障害の場合は〇〇〇〇万円と言った取決めをしています。入院費に関しては、治療する部位によって入院費が異なります。

また、死亡時の保険料の限度額は、契約時に決めれることが多く、多くが上限の1,000万円の補償を選択しています。

搭乗者とは?

搭乗者の定義が難しいかもしれませんが、要は「正しい乗り方をしている人」と覚えておいて下さい。

ですので、例えばトラックの荷台に乗っていた場合や、6人乗り乗用車に8人乗っていた場合など、正規の乗り方をしていない場合で事故を起こしてしまった場合は、保険料の支払いの対象外になりますので注意して下さい。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いを簡単に・・・

どちらも自分や同乗者を守るための保険なのは変わりないですが、保険料が支払われるケースや保険料が異なります。

表にした方が分かりやすいかもしれませんね。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の比較

人身傷害保険 搭乗者傷害保険
対象者 本人(同乗者・家族も含む) 本人(同乗者)
支払われる内容 治療費、精神的損害、休業損害、慰謝料など 入院一時金、死亡・後遺障害保険金など
保険料の支払い 実額(損害額が保険金額を上回る場合はその上回った分の保険料は実費) 定額
保険料 搭乗者傷害保険に比べると高い 人身傷害保険に比べると安い

主な違いとしては、人身傷害保険は家族も含まれる所と、補償が手厚い所ですかね。その分、保険料が高くなります。

保険料を抑えるなら搭乗者傷害保険を外すべき

金銭的に余裕のある方でしたら人身傷害保険と搭乗者傷害保険の両方をセットすることをオススメしますが、両方をセットするとなると保険料が割高になるのであまり現実的ではありません。

上記の説明を見て頂ければ分かると思いますが、基本的に人身傷害保険は搭乗者傷害保険のパワーアップバージョンと考えてもらっていいので、人身傷害保険に加入していれば、搭乗者傷害保険は無視してもそれほど影響は無いと考えられます。

但し、搭乗者傷害保険は人身傷害補償が支払わないケースでも請求出来きるケースがあるのと、保険料が割安になるのでどちらが良いのかは両者の内容をしっかり把握したうえで決定して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2015年1月29日