対人・対物は無制限にしても保険料はさほど変わらない

任意保険の種類 【契約内容】」でも詳しく解説していますが、自動車保険の任意保険では、賠償保険(相手方への補償)、傷害保険(同乗者などへの補償)、車両保険(自分の車に対する補償)の3つの補償を補うことができます。

その中でも、賠償保険・・・特に対人賠償保険と対物賠償保険は分厚く(無制限)設定しておく必要があります。

対人賠償保険と対物賠償保険とは?

まず、対人賠償保険と対物賠償保険の内容を簡単に説明しておきましょう。

対人賠償保険は交通事故によって他人(歩行者や他の車に乗っている同乗者など)を死亡やケガを負わせてしまった場合に、自賠責保険で補えない金額を補償する為に設定されている保険になります。

対人賠償保険が他人に対する補償に対して、対物賠償保険は建物やガードレール・信号などの他人の財物の補償に充てられる補償になります。

皆さんご存知だと思うので詳しい解説については省かせてもらいます。

なぜ、対人賠償保険を無制限にする必要があるのか?

自賠責保険の補償額には限度があります。(傷害事故の場合は120万円まで、死亡事故の場合は3,000万円まで、後遺傷害の場合は4,000万円まで)

交通事故を起こしたことの無い人には「それだけの補償があれば十分だろ!!」と思われるかもしれません。確かにかすり傷など軽微なケガの場合は自賠責保険の補償内で収まるでしょう。

しかし、交通事故の相手を死亡させてしまった場合や後遺障害を負わせてしまった場合の賠償額は、我々が想像する以上の賠償額を請求されることもあります。

  1. 5億2,853万円(死亡)
  2. 3億9,725万円(後遺障害)
  3. 3億9,510万円(後遺障害)

こちらは平成22年度までの対人高額賠償判決の上位3件になります。

相手を死亡させてしまったり、後遺障害を負わせてしまった場合の賠償額は1億を超えることは、ごくごく普通のことです。

自賠関保険の場合は死亡事故で3,000万円、後遺障害の場合でも4,000万円しか補償してくれませんので、残りの補償額に関しては全て自己負担になります。数千万~数億円の補償額を支払うことは、どこぞの大金持ちでない限り、一般市民には到底不可能です。

ですので、対人賠償保険に加入するのは勿論、限度上限の無い無制限を選択しましょう。

と言っても、対人賠償保険に関しては、今や多くの保険会社は無制限しか選択できない様になっているので、それほど気にする必要も無いかもしれませんね・・・・

なぜ、対物賠償保険を無制限にする必要があるのか?

そもそも自賠責保険では対物補償がありませんので、交通事故の際に壊してしまった建物などの修復費は全て自己負担になりますので、任意保険で対物補償を付けます。

  1. 2億6,135万円(積荷:洋服や毛皮など)
  2. 1億3,580万円(パチンコホール)
  3. 1億2,036万円(電車・路線・家屋)

こちらは平成22年度までの対物高額賠償判決の上位3件になります。

対人と同様に高額な賠償を請求されることがわかります。

相手の車を破損させてしまった場合は、どれだけ高額な車であっても1,000万円程度の範囲で収まりますが、対物高額賠償判決の上位3件で例に挙げている様な、建物や路線などの場合は、億を超えることも十分ありえます。

また、対物補償の厄介な所は、「間接的な被害」も補償しなければいけないという点です。

どういうことかと言うと、例えばファミレスに突っ込んで建物の一部を破壊してしまった場合、その建物の修復費だけを補償すれば良いのではなく、その事故の為に店を休業してしまった場合の休業損害も補償しなければいけません。

ですので、たまにケチって補償額を1,000万円とか選択する人もいますが、1,000万円では到底補償しきれないことも十分有りうるので、加入するのは勿論、必ず無制限を選択するようにしましょう。

無制限にしても保険料はさほど変わらない

一度、保険会社のホームページで、保険料を見積もりしてもらえば実感してもらえると思いますが、対人・対物を無制限にしても限度額を設けても、加入者の等級などにより多少は異なるものの、年間の保険料は数百円~1,000円程度しか変わりません。

たった数百円保険料が上がるだけであれば、万一のことを考えると無制限を選択した方が良いことは言うまでもありませんよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2015年1月28日