他社運転危険補償保険は任意保険に自動セットされる

スポンサーリンク

他社運転危険補償保険とは、他人名義の車を運転中に起こしてしまった事故を自分の契約している任意保険を利用して補償することが出来る保険のことです。

自分の車にしか運転しない!他人に自分の車を運転させることは無い!」って方には用無しの保険ですが、友人の車を運転したり、上司や先輩に車を貸す機会が多い人は内容をキチンと理解しておきましょう。

任意保険に加入すると自動セットされる

他社運転危険補償は、一般的にどの任意保険会社を選択しても自動セットされるので、任意保険を契約する際に加入するかしないかを迷う必要もありません。

ただ、あくまで「一般的」なので、保険会社によってはオプションで選択しなければいけない可能性があります。加入する際は、他社運転危険補償が自動でセットされているのかをしっかりと確認して下さい。

支払いできる保険金

  • 対人賠償保険・対物賠償保険
  • 自損事故傷害保険で支払われる保険金
  • 借りた車の車両損害

など・・・

補償の対象になる範囲

  1. 契約者(記名被保険者)
  2. 契約者の配偶者や内縁関係
  3. ①と②と同居している親族
  4. ①と②と別居している未婚の子

契約者本人だけでは無く、その配偶者や同居している親族なども補償の対象になるんですね。

逆に言えば、補償の対象になる人の車を借りて運転中に事故を起こした場合は、他社運転危険補償保険の適用外になります。しかし、その場合は自分の任意保険から保険金が支払われるので問題ありません。

他社運転危険補償保険が適用されないケース

犯罪行為が原因で事故を起こした場合

飲酒運転や無免許運転などの犯罪行為が原因で事故を起こしてしまった場合は、補償の対象外になります。当然、盗難車を運転中に事故を起こした場合でも補償されません(当たり前ですよね・・・)

被保険者が個人では無い場合

被保険者が個人の場合にのみ適用されるので、例えば営業車など、会社が所有している車の場合は補償の対象外になります。(まー、その場合は会社が補償してくれるので心配無用ですが)

自家用車以外の車

自家用車とは、「自家用普通乗用車」「自家用小型乗用車」「自家用軽四輪乗用車」「自家用小型乗用車」「自家用軽四輪乗用車」「自家用小型貨物車」「自家用軽四輪貨物車」のことを言います。

皆さんが個人で運転する車のほとんどがこれらのどれかに該当するので、特に気にする必要はありません。

他社運転危険補償保険に加入していなかった場合は?

他社運転危険補償保険は任意保険に自動セットされる保険なので、任意保険に加入していない人やそもそも車を持っていない人は加入することが出来ません。

事故を起こした本人が他社運転危険補償保険に加入していなかった場合はどうなるのでしょう。

その場合は、事故を起こした車の契約者(友人や知人など)の保険を使わせてもらうしかありません。

※ドライバー保険に加入している場合を除く

まずは、その友人の自賠責保険から補償され、足りない分は任意保険から補償されます。

任意保険を使うと言うことは、その友人の等級が下がり来年からの任意保険料がかなりアップするので、その友人がお金を払うことはありませんが、かなりの迷惑をかけてしまうことについては覚悟しておかなければいけません。

(これが原因で友情関係に傷が付く恐れも・・・)

等級に関しては、「任意保険の等級が上がると保険料は下がる」を参照して下さい。

また、その友人が任意保険に加入していない場合は、自賠責保険で足りない分に関しては実費で払わなくてはいけませんので注意して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2015年2月26日