任意保険の等級が上がると保険料は下がる

スポンサーリンク

自動車保険(任意保険)には「ノンフリート等級制度」と呼ばれる制度があり、この等級により保険料の割引率が大きく変わってきます。

等級は1等級~20等級まで存在し、等級が上がるほど保険料が安くなります。(安くなると言うより、割引率が高くなると言った方が正しい表現ですね・・・)

初めて任意保険に加入したときは6等級からスタートし、1年間事故を起こさずに任意保険の補償を使わなければ1等級上がります。ですので、最高の20等級まで上げようと思ったら、初めて任意保険に加入してから最低でも14年はかかることになります。

事故を起こして任意保険を使ってしまったら、事故の大小に関わらず3等級ダウンします。ただ、事故を起こしてしまった場合でも、任意保険の補償を使わなければ等級がは下がりません(保険金が自賠責保険に収まれば任意保険の等級は下がらない)

等級による割引率

1等級 -52% 11等級 40%
2等級 -26% 12等級 43%
3等級 -10% 13等級 46%
4等級 1% 14等級 49%
5等級 10% 15等級 51%
6等級 17% 16等級 54%
7等級 23% 17等級 56%
8等級 28% 18等級 58%
9等級 33% 19等級 60%
10等級 37% 20等級 64%

※SBI損保の2013年4月時点(保険会社により異なる)

※平成26年4月1日から「事故有係数」が適用され事故の有無により同じ等級でも割引(割高)率が変わります。詳しくは「コチラ」を参照して下さい。

なぜ等級という制度が存在するのか?

例えば「保険に加入して10年間無事故のAさん」「保険に加入して10年間、毎年何かしらの交通事故を起こしているBさん」、今後10年間で保険を使う可能性が高いのは、AさんとBさんどちらが高いと思いますか?

みなさんBさんと答えるでしょう。

もし、年齢など同じ条件だと、等級が無ければAさんとBさんは同じ保険料になってしまいます。それだと、保険を使ったことの無いAさんからしてみればあまりにも理不尽ですよね。

また、保険会社からしてみても、今後も保険を使うリスクの低いAさんの保険料を安くして、今後も保険を使われるリスクの高いBさんの保険料を高くする方がごく自然な流れだと言えでしょう。

そういった背景があり等級という制度が存在するのです。

保険を使った場合は3等級ダウンだが場合によっては1等級ダウンもある

先ほど事故の大小に関わらず、事故を起こしてしまったら3等級下がると言いましたが、事故では無くて盗難などの車両保険に対して保険を使う場合は3等級では無く、1等級ダウンになります。

  • 台風や洪水などの天災の被害により車両保険が支払われた
  • 盗難により車両保険が支払われた
  • いたずらにより車が破損ときに車両保険が支払われた

等級の考え方のまとめ

  • 等級が高いほど保険料の割引率は高くなる
  • 1~20等級まで存在する
  • 加入時は6等級からスタートする
  • 1年間保険を使った事故が無ければ、等級は1つ上がる
  • 事故を起こして保険を使うと3等級下がる(場合によっては1等級ダウンもあり)
  • 保険を乗り換えても等級は引き継がれる
  • どの保険会社でも基本的な考え方は同じ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年6月6日
更新日: 2015年3月29日