車の盗難は車両保険の補償対象になる?

スポンサーリンク

車両保険とは、被保険者の車が事故の影響や、火災や地震、台風、洪水などの偶然の事故によって損害を受けた場合に補償する保険です。

これは盗難の場合も同じで、自分に過失が無い状況で車の盗難に遭った場合は、その車の価値(掛け額)により、一定の保険料が支払われることになります。

自分に過失がある場合は補償の対象にならない場合がある

先ほども言いましたが、補償されるのはあくまで自分に過失が無い場合に限ります。

例えば、車にキーを付けっ放しで盗難に遭った場合は、明らかに被保険者にも過失がありますので、補償の対象とならない可能性が高いです。

鍵を付けていたか付けていないかなんて保険会社には分からないから嘘付けばいいじゃん!!」って思われるかもしれませんが、もし自分に過失があるのに嘘の申告をした場合で、後で車が無事に発見されて、鍵が付けっ放しになってた場合は論外ですが、キーシリンダーが壊されていない場合でも、「被保険者は鍵を付けていたな・・・」と疑われて追及されることになります。

そうなると、かなり大ごとになり、場合によっては訴えられる可能性もありますので正直に申告しましょう。というか、車の管理はしっかり行いましょう。

車内に入れておいた物に関しては補償の対象にならない

車両保険では、盗難の際に社内に置いていた物(ゴルフバッグや貴重品など)に関しては補償の対象になりません。これらの補償をするのであれば、別途「身の回り品特約」などの特約に加入する必要があります。

カーナビやオーディオ、ETCなど、車のオプションとして付随しているものに関しては補償の対象になります。但し、後付けのポータブルカーナビは補償の対象にならない場合があり、その辺りの判断は保険会社に委ねられますので、判断が難しいです。気になるのであれば、事前に自分が加入している任意保険会社に問い合わせてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年5月28日