アルファードの自動車保険料 【任意保険の加入例】

スポンサーリンク

 年支払保険料:96,220円(年払いの場合)

【運転者の情報(補償条件)】

名前 春日
年齢 35歳
年齢条件 35歳以上補償
等級 12等級
保険加入歴 6年
事故歴 無し
記名被保険者 本人
運転する人 本人のみ
使用目的 通勤・通学

【車の情報】

メーカー トヨタ
車名 AGH35W
型式 JF2
グレード 2500 4WD G(ワゴン)
ナンバー 3ナンバー

【補償内容】 

対人賠償保険 無制限
対人賠償保険 無制限
搭乗者傷害保険 1,000万円
人身傷害保険 5,000万円
車両保険 400万円(一般タイプ)
車両保険の免責 5万円(2回目以降:10万円)

【特約】

無保険車傷害特約 無制限
事故付随費用補償特約 2億円
身の回り品補償特約 なし

【割引】

  • インターネット契約割引
  • 証券不発行割引
  • 本人・配偶者限定特約

※見積もりは三井ダイレクトで実施

統括

ごくごくベーシックな補償内容です。

12等級で48%割引が適用されますが、車両保険400万円付けているので保険料は割高です。

車両保険を外せば保険料は大幅に安くできますが、新車のアルファードに車両保険を付けないのは自殺行為なので、最低でも限定タイプの車両保険を付けましょう。

限定タイプだと、単独事故やあて逃げなどは補償対象になりませんが、車同士の接触や盗難などには補償されます。ちなみに限定タイプの車両保険にすると年間の保険料は「62,690円」になり、約3万円保険料を節約することが出来ます。

アルファードの特徴

アルファード

アルファードの魅力といえば、まず居住性でしょう。

もちろん運転性能に関しては、あのボディに見合ったエンジンになっていますが、後席に座る車という位置づけが一番しっくりくるかもしれません。

後席のドアはスライドドアになっており、乗り降りに不便を感じません。大きな荷物を持っている時、大切なお客様をお迎えする時、大事なお子さんを乗せるとき等どんな場面でも活躍してくれます。

座ってからも、ゆったりとしたシートと足を伸ばせる広い空間はまるで飛行機のファーストクラスを彷彿させます。

最後列のシートは少し狭い印象を受けますが、それでも十分に寛げます。

運転席、助手席に関しては、目線が高く、前方の状況が把握しやすくなっており、180cmを超える車幅を持つ車にも拘らず、取り回しはこのクラスにしては容易な車です。

次の魅力としては、用途の幅広さです。

上で述べたように、大切な方を乗せる場面はもちろん、レジャーにも力を存分に発揮してくれる車です。力強いエンジンで多少の悪路は走破可能であり、トランクの収納力は圧倒的です。

車中泊をする必要がある場面でも、フルフラットシートにすることで、リラックスして快適な睡眠を実現させてくれます。

通勤に使う車としても、燃費が多少気になりますが、信頼のトヨタ車ということで故障も少なく、しっかりと足として機能します。

そして最後にあげる魅力としては、リセールスバリューの高さです。トヨタ車ということで、ベースのリセールスバリューが高いということはありますが、その中でもトップ5に入ります。その高さの秘密は故障の少な

や居住性、使用用途の多さ等上述した事はもちろんですが、海外での人気の高さにあります。多くの地域で愛されるアルファードは、市場を国内のみに限らず、海外にも持つ為、自ずとリセールスバリューが高いということです。

これらがアルファードの魅力です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2016年11月8日