ミラの自動車保険料 【任意保険の加入例】

スポンサーリンク

 年支払保険料:50,810円(年払いの場合)

【運転者の情報(補償条件)】

名前 ただくん
年齢 28歳
年齢条件 26歳以上補償
等級 13等級
保険加入歴 7年
事故歴 無し
記名被保険者 本人
運転する人 本人・友人など
使用目的 通勤・通学

【車の情報】

メーカー ダイハツ
車名 ミラ
型式 L685S
グレード 660 4WD ココア L(セダン)
ナンバー 5ナンバー

【補償内容】 

対人賠償保険 無制限
対人賠償保険 無制限
搭乗者傷害保険 1,000万円
人身傷害保険 3,000万円
車両保険 90万円(一般タイプ)
車両保険の免責 5万円(2回目以降:10万円)

【特約】

無保険車傷害特約 無制限
事故付随費用補償特約 2億円
身の回り品補償特約 なし

【割引】

  • インターネット契約割引
  • 証券不発行割引

※見積もりは三井ダイレクトで実施

統括

補償内容としてはベーシックです。

保険料が安いダイレクト保険で、尚且つ13等級で49%割引になるので、90万円の車両保険をつけているのにも関わらず保険料はかなり抑えられます。(三井ダイレクトの割引率)

このまま保険を使わずに、1年経てば次は14等級になるので更に1%割引率が高くなります。

本人以外に彼女や友人が運転することもあるので、運転者の特約は付けていません。もし自分しか運転しないのであれば、本人限定特約を付けることで約5千円保険料を安くすることができます。

証券不発行割引を利用しているので、保険証券は発行されません。もし発行する場合は500円プラスになります。

ミラの特徴

mira

ダイハツミラは、ダイハツ工業が1980年から製造・販売するハッチバック型軽自動車のブランド及び車名です。

「ミラ クオーレ」「ミラ バン」「ミラ ウォークスルーバン」「ミラ ミチート」「ミラ TR-XX」「ミラ TR-XX アヴァンツァート」「ミラ X4」「ミラX4R」などたくさんシリーズ化されています。

初代モデル登場の1980年から今日の同社のエントリー車種にあたるエッセが登場する2005年ごろまではスズキ・アルトと双璧を成していたためその最盛期には販売台数を熾烈に争ったことで知られています。
1991年には軽自動車としては日本国内通年最多販売台数の28万6,975台を記録しています。

そして現在に至るまでホットハッチ(ミラTR-XX系→キャストスポーツ対ターボRSを含むアルトワークス系)、軽トールワゴン(ムーヴ・ラテ→コンテ対ワゴンR)、軽スーパーハイトワゴン(タント対パレット→スペーシア)、パーソナル(ジーノ→ココア・キャストスタイル対ラパン)、クロスオーバーSUV(キャストアクティバ対ハスラー)そして勿論ベーシック(ミラ・エッセ→イース対アルト)と舞台を変えながら増やしながらもスズキとの鍔迫り合いは現在進行形で続いています。

海外ではクオーレ、シャレードなど別の名前を使用しています。また、エンジンは1000㏄エンジン(4代目以降ただし初代のみ600㏄、2代目および3代目は800㏄)を採用しています。

欧州では初代がハンディバンとして現地販売され、マレーショアでは3代目がプロドゥア・カンチル、5代目がプロドゥア・クリサ、6代目がプロドゥア・ビバとしてそれぞれ現地生産されていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2016年11月8日