オデッセイの自動車保険料 【任意保険の加入例】

 年支払保険料:60,050円(年払いの場合)

【運転者の情報(補償条件)】

名前長瀬
年齢29歳
年齢条件26歳以上補償
等級10等級
保険加入歴4年
事故歴無し
記名被保険者本人
運転する人本人のみ
使用目的レジャー

【車の情報】

メーカーホンダ
車名オデッセイ
型式RC1
グレード2400 G(ワゴン)
ナンバー3ナンバー
初度登録年月平成27年4月
補償開始日平成27年4月

【補償内容】 

対人賠償保険無制限
対人賠償保険無制限
搭乗者傷害保険2,000万円
人身傷害保険5,000万円
車両保険360万円
車両保険の免責5万円(2回目以降:10万円)

【特約】

無保険車傷害特約無制限
事故付随費用補償特約
身の回り品補償特約10万円

【割引】

  • インターネット契約割引
  • 証券不発行割引
  • 本人限定特約

※見積もりは三井ダイレクトで実施

私も愛車のレボーグを一括見積したら自動車保険料が年間33,130円安くなりました!

公式サイトから見積もり

統括

長瀬さんは4年間自動車保険に加入しており、今回から10等級で44%の割引が適用されるので、360万円の車両保険を付けているのにも関わらず保険料は年間6万円程度とかなり安くなっています。

ちなみに今回はダイレクト型自動車保険(三井ダイレクト)利用していますが、代理店型自動車保険だと保険料はもっと高くなります。

対人対物無制限で搭乗者傷害保険と人身傷害保険をダブルで付けており、一般タイプの車両保険を付けているので、補償内容としてはごくごくベターです。

事故付随費用補償特約をセットしているので、事故や故障などで自力走行が不能になった場合は、臨時宿泊費用や臨時帰宅費用および搬送・引取費用が支払われます。

ロードサービスでも補償されますが、ロードサービスだけでは遠方(50km以上)でしか補償してくれないので、事故の時に万全の補償を望む方は「事故付随費用補償特約」をセットしておいた方が良いです。

ちなみに車両保険を付けなければ、事故付随費用補償特約はセットできないので注意して下さい。

事故付随費用補償特約を外すと500円程度保険料は安くなります。

長瀬さんは独身で自分しか運転しないので、「本人限定特約」をセットしています。本人限定特約を外すと6,000円程度保険料が高くなるので、年に1回友人が乗るか乗らないかのレベルでしたらセットしておいた方が良いでしょう。

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

\ もちろん全て無料で利用できます!  /

愛車を高値で売る方法

楽天自動車売却

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場は、最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

\ もちろん全て無料で利用できます!  /
保険料の例
自動車保険の門
タイトルとURLをコピーしました