保険診療と自由診療の違い

交通事故で怪我をした場合、健康保険を使って治療をすることができます。ちなみに健康保険や労災保険は「保険診療」です。一方、自賠責保険や任意保険で治療をする際は「自由診療」で治療を受けることになります。

このように、病院で治療を受ける際は、保険診療か自由診療、どちらかで治療を受けることになります。両者のメリット・デメリットについては「交通事故に対して健康保険は使えるのか?」をご覧ください。

では、両者の違いについて比較しながら考えていきたいと思います。

保険診療 自由診療
保険点数 10点 病院側で決定 (だいたい12点)
患者の負担 3割 10割
診療制限 あり なし
対象者 健康保険加入者 誰でもOK

※保険点数とは、簡単に言うと医療行為に対する値段の倍率です。仮に診療報酬点数が1000点の場合、保険点数が10点であれば、患者の負担額は、1000×10=「10000円」になります。当然この点数が少ないほど負担額は減ると言うことです。

保険診療について

保険診療とは、健康保険や労災保険を利用して治療を行う診療行為です。会社勤めされている方でしたら「社会保険」、自営業者などは「国民健康保険」に加入していれば保険診療で治療を行うことができます。保険診療のメリットは患者の負担額が3割で済むところ。

保険点数は10点と定められていますので、病院側で勝手に変更することができません。

また、社会保険や国民健康保険に加入していない場合は、保険診療で治療を受けることができませんので、注意して下さい。(労災を除く)

更に、病気や怪我に関わらない医療行為(整形や脂肪吸引など)では、健康保険が適用されませんので、必然的に自由診療で治療することになります。但し、交通事故に関してはほぼ健康保険でフォロー出来ますので問題ありません。

自由診療について

自由診療とは、患者と病院が直接契約をして診療行為です。個人と病院とのやり取りになりますので、病院側が自由に保険点数を決定することができます。一昔前はこの保険点数を20点ぐらい大幅に上げることで、病院側の利益率を大きくすると言う背景がありましたが、最近では、12点で設定している病院がほとんどです。

それよりも、患者の負担額が10割なところが最大のデメリットと言えるでしょう。

保険診療が使えなければ自由診療

条件により保険診療が使えない場合は、自由診療で治療するというのが一般的な考えです。但し、自動車事故で治療行為を受ける場合は、そう簡単な問題ではありません。くどいですが、詳しくは「交通事故に対して健康保険は使えるのか?」をご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年5月18日
更新日: 2014年5月28日