ロードサービス拠点数で比較して任意保険を選ぶ

スポンサーリンク

ロードサービスの拠点数が多いほど、事故やトラブルに遭った際に、速やかに解決することができます。

私も高速道路を走行中に、オイル漏れのトラブルで自動車保険会社のロードサービスを利用したことがありますが、待っている時間は自分で交通誘導しなきゃいけないし、とにかく不安で早く誰か来てほしい心情になりますので、近くにロードサービスの拠点があると心強いです。

また、事故を起こした場所からロードサービスの拠点までの距離が短くなるので、必然的にレッカー移動の距離が短くなります。各自動車保険で差はあるものの、およそ15km~30kmはレッカー移動が無料になるので、拠点数が多い方が無料の範囲内で収まりやすいです。

(指定工場であれば無制限で無料の所が多いですが・・・)

ロードサービスの拠点数(約)

アクサダイレクト 9,660ヶ所
アメリカンホームダイレクト 9,600ヶ所
チューリッヒ 9,500ヶ所
イーデザイン損保 9,300ヶ所
ソニー損保 9,000ヶ所
セゾン(おとなの自動車保険) 8,000ヶ所
三井ダイレクト損保 3,200ヶ所
SBI損保 1,290ヶ所
あいおいニッセイ同和損保 200ヶ所
損保ジャパン(THE クルマの保険) 340ヶ所
東京海上(トータルアシスト) 242ヶ所
三井住友海上(GKクルマの保険) 不明
富士火災(ベリエスト) 不明
日新火災(ユーサイド) 不明
ゼネラリ(ビアンカ) 不明
AIU(typeR) 不明
セコム(セコム安心マイカー保険) 不明

※2014年11月1日現在情報

ロードサービスの拠点数を聞いてもピンとこないかもしれませんが、日本自動車連盟「JAF」の拠点数が約1,900ヶ所になりますので、8,000ヶ所以上ある保険会社は、まず不満に思うことは無いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年11月2日