飲酒運転が運転に及ぼす影響

スポンサーリンク

飲酒運転は絶対にしてはいけないと「飲酒運転による罰則」や「飲酒運転を撲滅するには」で散々言ってきましたが、そもそも何故飲酒運転をしてはいけないんでしょう?

飲酒による人体への影響

20歳を過ぎた成人であれば、一度はお酒を飲んだことがあると思います。私も月に2、3回はお酒を飲んでいます。

お酒を飲むことで解放的な気分になり、テンションが上がり楽しい気分になりますよね。その原因は、血液に入ったアルコールは循環されることで脳に達します。脳にアルコールが届くことで、脳の神経細胞に作用して麻痺させることにより、いわゆる「酔っぱらった状態」になります。

体内に取り込まれたアルコールは時間と共に、水と二酸化炭素に分解されて体外に排出されます。また、その中の1割程度は尿や汗と一緒に排出されます。

飲酒による運転への影響

  • 集中力が鈍るので瞬時な判断ができなくなる
  • 理性や自制心が低下するので無茶な運転をする
  • 視力が落ちて視野が狭くなるので周りが見えなくなる
  • 体の平衡感覚が狂うので真っ直ぐ運転することが難しくなる

など・・・

酔いがさめるまでの時間

体重60kgの成人男性が500mgのビールを飲んだ場合、アルコールが完全に抜ける(体外に排出される)には、個人差はありますが、およそ3~4時間かかると言われています。アルコールの摂取量が増えれば、その分抜ける時間も長くなります。

自分では酔いが醒めたと思っていても、少しでも体内にアルコールが残っていれば上記の様な影響が少なからず出てきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年6月4日