示談交渉は先延ばしにしない(損害賠償請求権の時効)

スポンサーリンク

交通事故が起きた場合に、損害賠償を請求するために示談交渉を行うことになりますが、示談交渉があまりに長引いてしまうと、時効により損害賠償の請求が出来なくなる場合があります。

損害賠償の時効は3年

損害賠償の時効は、民法724条(不法行為による損害賠償請求権の期間の制限)で、被害者(法定代理人)が損害及び加害者を知ったときから3年で時効と法律で決められています。

ひき逃げで相手が分からない場合は、示談交渉できないじゃないかー!!」と思われるかもしれません。いやいや、文面をよく見て下さい。「損害及び加害者を知ったときから3年」と書いていますので、加害者が分からない(いわゆるひき逃げ)場合は、時効が20年に延長されます

保険の請求権の時効は2年

一方、自賠責保険の保険金請求の時効は、自賠法(自動車損害賠償保障法)により2年と定められています。ちなみに、加害者請求の場合は「賠償金を支払ったときから2年」、被害者請求の場合は「事故発生から2年」になります。また、後遺障害が認められた場合は、症状固定日から2年になります。

任意保険の場合でも、基本的に同じ考えで良いと思います。ただ、任意保険は加害者が請求するものなので、被害者側で気にする必要はありません。

もちろん例外もある

先ほども言いましたが、ひき逃げなど、加害者が特定できない場合の時効は20年に延長されますし、示談交渉が長引きそうなときも、裁判所に対して調停・控訴を申し立てれば時効の中断をおこなうことができます。

また、自賠責保険に関しては、自賠責保険会社に対して「時効中断承認申請書」を提出することで時効を中断することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年5月21日