示談は口約束でも成立する

スポンサーリンク

交通事故が発生した場合は、当事者同士で示談交渉を行う訳ですが、一般的に示談書を取り交わして示談を成立させるのが一般的にです。

しかし、民法上の法律で契約とは、「当事者間の合意があって、当事者間に法律関係を生じさせるもの」を言い、お互いに同意があれば書面であれ、口約束であれ契約は成立します。

んなアホな・・・」と思われるかもしれませんが、よく考えて下さい。あなたがスーパーに行ってジュースを買ったときにいちいち書面で契約を取り交わすことはありませんよね?スーパー側がジュースの返品不可と明記されていれば、購入者は民法によりジュースの返品はできません。そうです、ジュースを買う行為も立派な契約です。

ですので、規模の大小はありますが、交通事故の示談交渉も、ジュースを買う行為も同じ契約になりますので、示談は口約束で成立することも理に適っています。

しかし、口約束では言った言わないというトラブルが必ず発生するので、示談の内容を明確にするためにも、皆さん示談書を取り交わして契約しています。

示談書を書く際の注意点については、「示談書を作成する際の注意点」を参照して下さい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年5月21日