示談書を作成する際の注意点 (権利放棄条項)

交通事故が起きた場合に、当事者同士で示談交渉をしますが、その際に活躍するのが「示談書」になります。

口約束でも示談は成立しますが(示談は口約束でも成立するを参照)、言った言わないの問題が必ず発生しますので、示談内容の証拠を残すためにも、示談をする際には、示談書の作成を行うのが一般的です。

示談書の様式

示談書には決まった様式はありません。示談書に使う用紙も、紙であれば市販のノートでも、新聞のチラシの裏に書いても構いません。また示談書の内容も当事者同士で納得できれば、公序良俗に反しない内容であれば、どんな内容を書いても構いません。

裁判の判決と同様の法的拘束力を持つ法律にしては緩いので、法律に疎い人は意外と思われるかもしれませんね。

示談書に必ず記入する項目

後で揉めないためにも、示談書の内容に関しては十分に考えて記入しなければいけません。その中でも、示談書に必ず記入しておいた方が良い項目を挙げていきます。

  • タイトル
  • 当事者の署名・捺印
  • 事故の日時・場所・状況
  • 示談内容
  • 作成日
  • 違反条項

タイトル

示談書」「和解契約書」などのタイトルを記入します。

当事者の署名・捺印

当事者(被害者・加害者)の署名・捺印をします。事故の当事者が複数いる場合は、全ての当事者から署名・捺印を求めましょう。全ての当事者の記載しておかないと、記載されていない当事者に対して、示談の効力がありませんので注意して下さい。

 事故の日時・場所・状況

事故が発生した日時や場所、状況を出来るだけ簡潔に記述します。

示談内容

示談内容を簡潔に記載します。賠償額に関しては、それぞれの項目を一つずつ記述すると分かりにくいので、賠償金の総額だけを記述した方が分かりやすいです。また、支払内容を「一括払い」にするのか「分割払い」にするのかを記述します。

作成日

示談書の作成年月日を記述します。

違反条項

支払いが遅れた場合や支払に応じない場合は、延滞損害金として年利○○%を付して支払う」などの文言を記載しておけば安心です。

注意事項

きちんと対応すること!」みたいに、抽象的な言い回しはあまり意味が無いので、示談書に書く内容は明確な文面を記述するように心がけましょう。また、同じ内容の示談書を2通作成して、被害者と加害者双方が1通ずつ保管するようにしましょう。

最後に・・・

示談書に書かれている内容で双方が了承して署名・捺印をすると、相手側の了承を得られなければ、後で変更や取り消しをすることができませんので、示談書を書く際は、慎重に行って下さい。(成立した示談内容を変更・取り消しすることは原則出来ないを参照)

示談書の具体的な書き方については、「示談書 作成」などでググれば示談書のサンプルを入手することができますので、参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年5月21日