交通事故の加害者に課せられる責任

スポンサーリンク

交通事故を起こしてしまった場合、加害者には大きく分けて「刑事上の責任」「民法上の責任」「行政上の責任」の3つの責任を問われることになります。

刑事上の責任

自動車での過失により相手を死傷させた場合は、刑法211条2項「自動車運転過失致死傷罪」が適用され、飲酒や薬物など、正常な運転が困難な場合で相手を死傷させた場合には、「危険運転致死傷罪」が適用されます。

また、相手を死傷させない場合でも、飲酒運転や無免許運転の行為が合った場合は、道路交通法(道交法)により、罰則を受けることになります。被害者に怪我が無かったり、軽傷だった場合は、起訴される可能性は低く、仮に起訴された場合でも、罰金刑など軽微な手続きで処理されることがほとんどです。

ちなみに、物損事故で刑事上の責任を問われことはありません。

民法上の責任

民法上の責任として「損害賠償責任」を負うことになります。具体的には、故意、過失により被害者に不利益を与えた場合に適用させる、民法709条「不法行為責任」、運転の使用者には、民法715条「使用者責任」などがのしかかってきます。

民法上の責任は全て金銭で解決されるのが特徴です。

行政上の責任

信号無視や一時停止無視など、道路交通法(道交法)に違反している場合は、反則金が課せられたり、点数が引かれて免許停止や免許取消処分を受けることになります。これは事故に限らず、自動車を運転する人にとっては一番馴染み深い責任と言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年5月16日
更新日: 2014年9月8日