損害賠償の責任を負うのは誰?

交通事故を起こしてしまった場合、その責任を負うのは、当然ながら事故を起こしてしまった張本人である「加害者」です。それは幼稚園児でも分かることで揺るぎないと言えるでしょう。

加害者が責任を負えない場合

  • 加害者が死んだ場合
  • 加害者が未成年の場合
  • 加害者が精神上の障がい者の場合
  • 加害者に支払い能力が無い場合

上記に該当する場合など、加害者が責任を負うことができない状況の場合は、基本的に加害者に代わって加害者の相続人が責任を負うことになります。但し、その車を貸した友人や、会社の車を使って勤務中に事故を起こした場合は、運転供用者が責任を負う場合もあります。

損害賠償義務のある者

事故を起こした運転者

加害者が事故を起こした張本人になりますので当然ながら損害賠償責任を負うことになります。

事故を起こした使用者

事故を起こした運転者が会社の車を使っていた場合は、その車の使用者である会社にも責任が及ぶ場合があります。

運転供用者

運転供用者とは、「自己のために自動車を運行の用に供する者・・・」と自賠法3条で定義されており、交通事故の場合は、自動車の所有者など「自動車の運行を指示、制御すべき立場にある者」を言うとされています。

但し、物損事故に関しては運転供用者まで責任が及ぶことはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年5月26日