男性と女性で後遺障害の損害額が変わるのか?

例えば、カップルが乗車している車に追突してケガを負わせてしまった場合、事故を起こした加害者は、双方に対して損害賠償責任を負うことになります。

その場合、男性と女性とで損害賠償額が異なることはあり得るのか?

例えば、打撲やねん挫、軽微な外傷などの怪我の場合は、男女で賠償額が変わることはありません。また、骨折や脱臼など数週間~数ヶ月の治療が必要な場合でも、後遺障害が残らなければ、先ほどと同様に損害額が変わることはないでしょう。

しかし、その事故によって風貌(見た目)が変わってしまった場合、通常は女性の方が損害賠償額は大きくなります。その理由は、男性よりも女性の方が見た目が悪くなってしまう損害が大きくなるからです。

男性からしてみれば理不尽かもしれませんが、女性は容姿を最も大切にします。その容姿が崩れてしまった場合の精神的苦痛は計り知れません。

特に顔面に後遺障害が残ってしまった場合の損害賠償は、男女で大きく異なる可能性があります。ちなみに、顔面による後遺障害の等級は、男性の場合、12等級(224万円)~14等級(75万円)になりますが、女性の場合は、7等級(1,051万円)~12等級(224万円)になりますので、事故による後遺障害の額は、男女で3倍~4倍は変わってくることになります

また、風貌が変わることで、女性の方が仕事への影響が大きくなると考えられますので、更に損害額が膨れ上がる可能性があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年6月3日