後遺障害に対する慰謝料【後遺障害等級】

交通事故によって残ってしまった障害が、医師の判断で後遺障害(固定症状)と認定されれば、後遺障害認定書をもとに「損害保険料率算出機構の調査事務所」により、その障害がどれぐらい重いのかを決定することになります。

損害保険料率算出機構の調査事務所に対して後遺障害認定手続きを行うことで、後遺障害等級が何級になるのかが決まり、その後の賠償金額が決定されます。

後遺障害等級とは?

後遺障害等級とは、後遺障害の症状の重さをレベル分けしたもので、第1級から第14級まで分けられており、後遺障害等級により支払われる保険金の額が変わってきます。

後遺障害の等級認定に関しては、ほとんどの場合、後遺障害認定書による書類審査のみになってしまいますので、後遺障害認定書には出来るだけ具体的な症状を記載してもらうことが必要不可欠になります。

後遺障害に対する慰謝料

神経系統の機能などに著しい障害があり、常時介護を要する場合

1級 4,000万円

神経系統の機能などに著しい障害があり、随時介護を要する場合

2級 3,000万円

上記以外の後遺障害

第1級 3,000万円
第2級 2,590万円
第3級 2,219万円
第4級 1,889万円
第5級 1,574万円
第6級 1,296万円
第7級 1,051万円
第8級 819万円
第9級 616万円
第10級 461万円
第11級 331万円
第12級 224万円
第13級 139万円
第14級 75万円
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年5月23日