マンホールによるスリップ事故に気を付けよう

スポンサーリンク

雨の日にマンホールの上を自転車で走行するとスリップすることがありますよね?私も子供の時によくスリップして転倒したこともあります。

マンホールの蓋は標準的なサイズで直径が60cmでマンホールを持った経験がある人はあまりいないと思いますが重さは40kgとかなり重いです。(私も持ったことありませんが・・・)

マンホールの材質は、車が通過してもすぐ破損しない様に、鉄の合金である「鋳鉄」で作られていますが、鋳鉄の特性上、水に濡れると滑りやすくなります。

マンホールをよく見てもらえれば分かりますが、マンホールの表面にギザギザの模様が彫られています。これはお洒落の為に彫っている訳では無く、スリップ防止の為に設置されています。(車のタイヤと同じ理論です)

しかし、年月が経てばその溝の凹凸部は滑らかになっていき、溝が無くなっていきます。一般的に凹凸の高さが3mm以下になるとスリップの危険性はアップすると言われています。

マンホールによるスリップ事故は全国各地で起きている

全国に下水用のマンホールだけでも1,200万個あると言われています。マンホールによるスリップ事故が後を絶ちませんが、一番の対処法はマンホールの上を通過しないことですが、車の場合は物理的にマンホールを避けながら走行するというのは物理的に難しいです。

雨の日はマンホールによるスリップに限らず、視界が悪くなったり集中力が切れるなど、事故を起こす要因が多々あるので、雨の日は出来るだけ車やバイクの運転は控えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年6月11日