交通事故における控訴は最終手段

交通事故で相手と損害賠償に関して争う場合、まずは当事者同士の話し合い(示談)により、解決を目指すことになります。しかしながら、お金が関わる問題になりますので、当事者同士での解決は難しい場合も当然出てくることもあります。そういった場合は、調停か控訴のいずれかの方法で解決を目指すことになります。

示談で解決できない場合は、基本的に調停を行い、第三者(調停委員)を交えて意見を取り入れながら解決を目指しますが、調停委員の判断には強制力がありますので、調停不成立となり調停が不正立となってしまう場合があります。

そうなってしまうと、解決する方法はもはや「控訴」しかありません。控訴には費用も時間もかかりますので、出来るだけ避けたいですが、当事者同士の意見が対立して解決できない場合は仕方ありません。

控訴の手続きは何処でするの?

控訴を起こす裁判所は、原則として被告(加害者側)の住まいに管轄する裁判所で行われます。(訴額が140万円以下の場合は「簡易裁判所」、140万円を超える場合は地方裁判所)

※このサイトは自動車保険に関するサイトになりますので、控訴に関しての詳しい説明はしていません・・・

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年5月25日