損害賠償の種類 (積極損害・休業損害・慰謝料)

スポンサーリンク

損賠賠償には大きく分けて「積極損害」「休業損害」「慰謝料」の3つに分けることができ、それぞれで損害賠償を請求することができます。それでは一つひとつ概要を解説していきます。

積極損害

積極損害とは、もしその事故が無ければ支払う必要が無かった「費用」で、治療費や車の修理代などが挙げられます。費用はとりあえず自分で立て替えて、その後で加害者に対して請求することになります。

積極損害の項目

  • 治療費
  • 入院費
  • 通院交通費
  • 弁護士費用
  • 車の修理代
  • 代車費用
  • 看護費など

休業損害

休業損害とは、もしその事故にが無ければ将来的に得られたであろう「収入」で、会社を休んだことで得られなくなった給料や、後遺障害死亡による逸失利益などが挙げられます。

休業損害の項目

  • 休業損害
  • 逸失利益など

慰謝料

慰謝料とは、事故によって受けたケガや後遺症、死亡した際に受けた「精神的苦痛」による賠償のことで、場合によっては加害者は刑事上の責任も負うことになります。積極損害や休業損害の様に、明確に金額が分かる損害ではありませんので当事者同士で揉めることが多いです。

慰謝料の項目

  • ケガによる慰謝料
  • 後遺症による慰謝料
  • 死亡したときの慰謝料

損害賠償の算出方法

(積極損害 + 休業損害 + 慰謝料) × ((100 – 過失割合) ÷ 100)

ちなみに、被害者に過失が全くない場合は、積極損害 + 休業損害 + 慰謝料の額をそのまま受け取ることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年5月21日