過失割合の基準の決め方

スポンサーリンク

過失相殺の割合は、事故の加害者には支払い額、被害者には受け取り額が大きく変わってくるので、過失相殺の割合は非常に重要になってきます。

例えば、損害賠償額が1,000万円で過失相殺の割合が8(加害者):2(被害者)だった場合、加害者は被害者に対して800万円の損害賠償をしなければいけませんが、これが7(加害者):3(被害者)になると700万円になり、100万円割引きされます。(割引という表現はどうかと思いますが・・・)

過失割合の基本的な決め方

事故の状況などを踏まえて、裁判所や保険会社が過失割合を決定しますが、基本的な割合は、裁判官や弁護士によって作成された「過失相殺基準表」により決定されます。

過失相殺基準表では、「車と車」「車と自転車」「車と歩行者」など、事故の種類により基本的な過失相殺の割合が決められています。

代表的な過失相殺基準には、日弁連交通事故相談センターの「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」や「交通事故損害額算定基準」などがあります。

最終的な決定事項

過失相殺基準表により基本的な過失割合を決定し、その割合を元に加算や減算をして最終的な過失割合を決定します。

加害者から見て加算される事例

  • 安全不確認
  • わき見運転
  • 酒気帯び運転
  • 交通違反
  • 居眠り運転
  • 無免許運転

など・・・

加害者から見て減算される事例

  • 歩行者が信号無視をした場合
  • 歩行者が横断歩道をきちんと渡っていない
  • 加害者に責任能力が無い場合

など・・・

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険を安くする方法

自動車保険の一括見積りをしてみた所、112,800円⇒79,670円と『33,130円』も保険料を抑えることに成功。

保険スクエアbangの自動車保険比較では、利用者全体で平均2.5万円も現在の保険料より安くすることに成功しています。

自動車保険の一括見積もり

愛車を高値で売る方法

愛車のレガシーを売却する時に複数の車買取会社から査定を受けたんですが、一番高い会社と安い会社で174,200円も差がありました。

楽天の中古車買取査定市場最大100社から同時に査定を行うことができ、見積もりは1分で完了

確実に3千円分得する愛車の買取

公開日: 2014年6月8日